岩田歯科医院、一般歯科、小児歯科、一宮市
〒491-0201 愛知県一宮市奥町甚四前31番地
TEL 0586-63-4182

 

HOME»  生活習慣の改善

生活習慣の改善

歯周病の予防は歯垢をとること。
それは正しいブラッシングを毎日続けることが大切です。
 

糖分(砂糖)をとり過ぎない

最近では、大人だけでなく子供にも歯周病が多く見られます。
子供は、特に砂糖が多く含まれているお菓子や清涼飲料水などをとり過ぎる傾向があります。
これは、虫歯にもよくありませんので注意しましょう。
 

柔らかいものばかり食べない

柔らかい食べ物は、カスが歯につきプラーク(歯垢)が形成されやすくなります。
歯ごたえのあるものや、食物繊維の多く含まれたものをしっかり噛んで食べましょう。
 

両側の歯でよく噛む

片側の歯ばかりで噛んでいると、噛んでいる側の歯は汚れが自然に落ちますが、あまり噛まない側の歯には、プラークがたまりやすくなります。 意識して、両側の歯で噛みましょう。
 

たばこは吸わない

たばこを吸う人は吸わない人に比べて、歯周病にかかりやすくなっています。
これは、ニコチンなどの作用によって血液の流れが悪くなり、細菌と戦う働きが弱くなるからです。
 

ストレスをためない

ストレスは、歯ぎしりのもとになり歯ぎしりは歯周病を悪化させます。
また、反対に歯周病が歯ぎしりのもとにもなります。
自分では、気がつかない歯ぎしりにも家族は注意をしましょう。
 

口で呼吸をしない

口で呼吸をすると、口のなかが乾燥しやすくなります。
すると、細菌に感染し炎症を起こしやすくなります。耳鼻咽喉の病気のある人は、治療の必要がありますが、口呼吸の癖のある人は、その癖を治すよう心掛けましょう。
 

つまようじの使い方に注意する

つまようじは、歯と歯の間につまった食べ物のカスを取る時に効果的ですが、歯ぐきを傷つけたりかえって押し込んでしまうこともありますので注意しましょう。
つまようじ以外にも歯間ブラシやデンタルフロスなどを効果的に使いましょう。
 

定期検診を受ける

年に1~2回は検診を受け歯石の除去を行い、虫歯や歯ぐきの状態、噛み合わせなどのチェックを受けましょう。
入れ歯は半年に1度は定期的なチェックが必要です。