岩田歯科医院、一般歯科、小児歯科、一宮市
〒491-0201 愛知県一宮市奥町甚四前31番地
TEL 0586-63-4182

 

HOME»  乳児期のアドバイス

乳児期のアドバイス

 

乳歯が生えるまで(出生から生後6ヶ月頃まで)

歯のない時期、無歯期は哺乳が主体の時期です。
哺乳は出生時に乳児がすでに身につけている反射によってなされる行為です。

ときどき、舌苔(ぜつたい)といって舌の表面に白い苔状のものがつくことがありますが乳児期の一時的なものなら
無理に取り除かなくても大丈夫です。
熱が出た後やお腹をこわした後に褐色の厚い舌苔がついているときは、ガーゼなどで清拭してあげましょう。

歯が生える時期が近づいたらときどき口の中を指でさわってあげるとよいでしょう。
指先は他から加えられる刺激としてはもっとも抵抗の少ないものと考えられます。
指で歯ぐきにさわってみて、ふくらみがでてきていたら生えるのも近いでしょう。
指でさわられる感触に慣れていれば歯磨きの第1段階であるガーゼ磨きなどもスムーズにできると思われます。

 

乳前歯の生えはじめ(生後7ヶ月~1年頃まで)

乳歯が生えはじめるのは、平均的には生後6~8ヶ月頃で、下顎の前歯から生えてくる子が多いようです。
この時期にはよだれが多くなりますが、これは離乳も始まり子供が食事に意欲的になってくることや、歯の萌出をはじめとして口の中も変化しまた、何でも口にもってきて確かめようとする時期なのでこれらの刺激で唾液の分泌が促進されますが、まだ上手くたまった唾液を飲み込んで処理できないのでよだれとして外に出やすいわけです。下の前歯についた乳や離乳食のかすはこのよだれによって洗い流れてしまいます。

この時期は歯肉に歯ブラシが当たってしまうことが多く子供が歯磨きを嫌がる原因をつくりかねるので湯ざましを飲ませたり、ガーゼで拭いてあげる程度の手入れで充分でしょう。

生後半年を過ぎると子供は色々な場面で親や兄姉のまねをしたがります。
このような模倣を利用して歯ブラシや歯を磨くことに興味を誘っていく方法も試してみるとよいでしょう。
上の前歯は10ヶ月頃から生えてくることが多いものですが、ここはよだれの洗浄作用が達しにくい部位のため一度歯についた汚れは自然には取れにくくなります。
上の前歯が生えてきて歯ブラシの感触にも慣れてきたら、そろそろ1日1回は、歯磨きをする習慣をつけたいものです。
※ 寝る前だと機嫌が悪くなる場合は、夕食後の機嫌のよさそうなときを見計らって手早く磨いてあげるとよいでしょう。

 

乳臼歯の生えはじめ(生後1年~1年半頃まで)

1歳になって離乳も完了期に入った頃には、乳歯の前歯も生えそろい奥歯が生えはじめます。奥歯は溝のある臼状(うすじょう)の歯なので臼歯(きゅうし)と呼ばれ、最初に生えてくる奥歯は第一乳臼歯といいます。第一乳臼歯が生えてくると噛む面の溝の部分に食べカスや歯垢がたまりやすくなり歯ブラシを使った掃除が必要です。

歯磨きに関しては、親を主体としての習慣づけの時期なので歯の汚れを徹底的に取り除くことより食べ物や食べ方に気をつけて歯の汚れやその中の細菌を増やさないことのほうが重要です。

☆ 歯磨きのポイント ☆
歯ブラシはヘッドが小さめ、毛先は短めのもの。
鉛筆持ちで毛先を歯の表面にきちんと当て、軽い力で細かく手早く磨く。