岩田歯科医院、一般歯科、小児歯科、一宮市
〒491-0201 愛知県一宮市奥町甚四前31番地
TEL 0586-63-4182

 

HOME»  乳幼児期

乳幼児期

乳歯の役割と大切さ

乳歯は、生後6ヶ月頃から生えはじめ、2歳半から3歳くらいまでに上下合わせて20本が生えそろいます。

役割と大切さ
乳歯は上の歯10本と下の歯10本の計20本です。
・ 食べ物を噛む
・ 発音を助ける
・ 顔の形を整え顎の発育を助ける
・ 永久歯が正しい位置に生えてくる目印になる

乳歯はどうせ抜けてしまうから少しくらい虫歯になっても大丈夫と思ってはいませんか?
もし、乳歯が虫歯のためにはやく抜けてしまうと噛むことができず、体の正常な発育が行えません。特に、6歳まではお口の中はとても変化する時期なので子供と一緒に虫歯にならないよう心掛けましょう。

早く抜けると歯並びに悪影響
・ 食べ物が充分に噛めない
・ 食べカスがついて汚れやすい
・ 歯磨きがしにくい
・ 歯垢や歯石がたまりやすい
・ 息がもれて正しい発音ができない

乳歯は、食べ物を噛み砕きどんどん栄養を摂って成長するためにはなくてはならないものです。しかも、子供の顎の中で永久歯がつくられる大切な時期です。
虫歯になって、歯が抜けたり顎の発達が悪いと永久歯が生えてくるスペースが確保できないため歯並びが悪くなってしまいます。
そうなると、歯と歯ぐきの健康にも悪影響を及ぼすので歯磨きとしっかり噛む習慣をつけさせましょう。

 

赤ちゃんの時から噛む習慣を

噛むことの基本は正しい食生活から
・ 食事の時間は楽しく、なごやかな雰囲気に
・ 食事前には、間食を与えない
・ 乳児期…母乳で口を鍛える
・ 離乳期…上顎を鍛える
・ 噛むトレーニング

子供の口は小さいので噛むことも訓練を重ねながら次第に身につけていくものです。
食事は歯ごたえのあるものを心掛け子供の食べる速さに合わせて噛むことを根気よく教えてあげましょう。また、小さい頃に覚えてしまった甘いもの好きは一生変えることができません。離乳期からうす味、食べ物の本来の味を教えることが虫歯予防にもつながります。

 

乳歯は虫歯にかかりやすい

子供の虫歯の原因
・ 寝ている時間が長いため
・ 食べ物が歯につきやすい
・ 自分では充分に磨けない

乳歯は永久歯に比べてエナメル質が薄く、軟らかいため一度虫歯になってしまうと進行が速く5~6ヶ月くらいで神経近くまで進んでしまいます。
そこまで虫歯が進んでも子供は気づかないことが多いので必ずお父さん、お母さんが気をつけてお口の観察を行いましょう。