岩田歯科医院、一般歯科、小児歯科、一宮市
〒491-0201 愛知県一宮市奥町甚四前31番地
TEL 0586-63-4182

 

HOME»  6歳臼歯の特徴

6歳臼歯の特徴

初めて生えるおとなの歯

まず、いちばん最初に生えてくる永久歯が6歳臼歯です。
これは、お口のいちばん奥に生えるためおとなの歯だと気づかないことがあります。
5~6歳くらいに顔を出しますので、虫歯にならないように気をつけてください。

6歳臼歯の特徴
・ 永久歯の中でいちばん早く生えてくる歯
・ 歯並びや噛み合わせの基本となる大切な歯
・ 永久歯の中でいちばん大きく、ものを噛む力が最も強い歯
・ 完全に生えるまで1年から1年半もかかる
・ とても虫歯になりやすい歯

 

6歳臼歯は虫歯になりやすい

虫歯になりやすいわけ
1.乳歯のいちばん奥に生えてくるため気づきにくい
2.完全に生えるまでに時間がかかるため歯磨きがしにくい
3.噛む面がデコボコしているので食べカスがたまりやすくなる
以上が虫歯の原因につながります。

虫歯予防処置
1.シーラント
奥歯(臼歯)の溝にできる虫歯を予防します。
溝の部分に合成樹脂を流し込み、汚れが溝にたまらないようにします。
2.フッ素
虫歯は細菌の出す酸によって歯が溶ける病気です。
フッ素には、歯の質をもとから強くし酸に溶かされにくくする効果があります。

* フッ素塗布のあとは *
フッ素塗布後の30分間は食べたり飲んだりしないようにしましょう。
◇ フッ素塗布の効果は40%です。虫歯にならないのではなくなりにくくするだけです。
◇ フッ素塗布後も歯磨きをしなければ効果がありません。
食後は歯磨きをしましょう。また、歯磨きはお母さんが手伝ってあげましょう。
◇ お菓子は1日に何回も食べず、時間を決めて食べましょう。
砂糖分の多いものなど、歯のためによくない食べ物は控えましょう。
◇ フッ素塗布後も4ヶ月に1度は定期的にみてもらいましょう。
フッ素は、歯が生えて間もないときに塗ってもらうと効果的です。

 

虫歯にならないためには

1.食べたらすぐに歯を磨く、歯磨きができないときはブクブクうがいをする習慣をつける。
2.栄養のバランスがとれた食事をして歯質を強くする。
3.規則正しい食生活(だらだらと間食をとらないこと)
4.定期検診を受けて予防や早期発見を心掛けることなどが大切です。
  また、フッ素の効力は4ヶ月です。
  虫歯の有無の確認やフッ素塗布を行ってください。

☆ 仕上げ ・ 点検磨きのポイント ☆
子供が1人でブラッシングできるようになるまではお父さん、お母さんの責任です。
子供を膝まくらで寝かせると、ちょうど歯医者さんが患者さんのお口のなかを診るようにくまなく見ることができます。

仕上げ・点検磨き
◇ 子供をまっすぐに寝かせる。
  (あぐらを組むと安定します)
◇ 歯をよく見て、確実に歯ブラシをあてる。
  (歯ぐき、舌などにブラシをあてないように)
◇ 広がった歯ブラシを使わない。
  (歯垢をきれいに落とすことができないだけでなく歯ぐきを傷つける)
◇ 上の前歯
  上唇裏のスジをひっかけないように人差し指でガードする。
◇ 奥歯
  人差し指で頬をふくらませる。

乳歯は永久歯より構造が未熟で一度虫歯ができるとあっという間に進行してしまいます。
毎日、仕上げ磨きをしてお口の中をよく観察することが大切です。